ブロック式舗装ブロック舗装

“バリエーション豊かなブロック舗装” ブロックの形状や色調、敷設パターンの組み合わで様々なデザインが可能です。また、環境に合わせて、透水性、保水性などに配慮した舗装を選ぶことも出来ます。

工法データ

用途

公園・広場、 商業施設、 歩道・遊歩道

特長

カラー

材料

コンクリート

アドバンテージ

福田道路の強み

  • 透水性、保水性など環境に配慮した舗装も可能。
  • 色あせが少ない。
  • ブロックの形状や色調、敷設パターンの組み合わで様々なデザインが可能。
  • ブロックの再生利用も可能。
  • 歩行者に対し安全性、耐久性に優れる

工法としての強み

  • すべりにくく、長持ち。
  • 施工後の養生が不要。
  • 色あせが少ない。
  • ブロックの形状や色調、敷設パターンの組み合わせにより様々なデザインが可能。
  • 透水性、保水性が可能。
  • 使用したブロックの再利用可能。

概要

  • ブロック舗装は、路盤、舗装上に各種コンクリート平板等を並べ、表面に意匠性、景観性を持たせたブロック式舗装。
  • 多様な表面性状、色調が可能。
  • 顔料で着色したカラー平板、石のように仕上げた擬石平板、骨材を露出する洗出し平板、ゴムチップを貼り付けたソフト平板などがある。
  • 透水機能、保水機能を持つコンクリート平板も可能。

施工場所

歩道、広場、公園、遊歩道、神社仏閣の歩経路

ギャラリー

写真:施工箇所写真:施工箇所