早期開放型メンテナンスキットドーロガードキット

“耐候性に優れた小規模補修キット” 舗装補修用メタクリル樹脂モルタルドーロガードを小規模補修用としてキット化したものです。1キット当り約1m2(平均打設厚10mm時)の補修ができます。速硬性タイプですので、施工後約1時間(20℃)で耐久性、耐候性に優れた樹脂モルタルが出来上がります。

工法データ

用途

一般道路、 公園・広場、 歩道・遊歩道、 空港・湾岸、 高速道路

特長

剛性、 温度抑制、 短工期、 耐流動

材料

アスファルト、 コンクリート、 樹脂

アドバンテージ

福田道路の強み

  • 耐摩耗性、耐衝撃性に優れ、早期解放が可能。
  • 長期耐久性により、ライフサイクルコストの削減ができる。
  • 低温でも施工可能。
  • 樹脂モルタルのため施工性に優れている。

工法としての強み

  • 施工性・作業性に優れ、早期解放が可能。
  • すり減りにくく、衝撃にも強い。
  • 0~3cmの薄層で使用。
  • 下地の種類により、アスファルト舗装用とコンクリート舗装用がある。
  • 1セット20kg(厚さ10mmで1㎡の施工面積が可能)

概要

  • ドーロガードキットは、舗装補修用のメタクリル樹脂モルタル『ドーロガード』を小規模補修用にキット化したもの。
  • 速硬性タイプで、0℃以下の低温から30℃までの温度領域において、施工後約1時間で硬化。
  • 樹脂モルタルタイプで、段差修正、欠損部、穴埋めの補修に最適。
  • 施工性・作業性に優れ、早期解放が可能。
  • 耐摩耗性、耐衝撃性に優れ、アスファルト、コンクリートに比べて長持ち。
  • 下地によりアスファルト舗装用とコンクリート舗装用がある。

施工場所

段差の修正、わだちの補修、橋梁ジョイント補修、マンホール、コンクリートの薄層舗装、目地の修復

ギャラリー

図