締固め機械緊急ブレーキ装置搭載タイヤローラ

“より安全性向上を実現する締固め機械” ベースの機械は通常の重量最大15tタイヤローラ。接触事故などを起こした場合の重大災害を防止するため、衝突回避の支援、衝突被害の軽減を目的とした緊急ブレーキ装置搭載の締固め機械です。

工法データ

用途

一般道路、 空港・湾岸、 高速道路

特長

安全性

材料

その他

アドバンテージ

工法としての強み

  • 北陸地区(新潟市内)での機械保有。
  • 衝突回避の支援、衝突被害の軽減で作業時の事故を回避。
  • 3Dセンサを併せ持ったカメラにより、緊急時に機体を停止。
  • 停止する前に音声による危険通知で、安全作業に寄与。
  • 検知範囲外は緊急ブレーキが作動しないため、壁際などもスムーズに転圧。
  • 転圧路面上の湯気は検知せず必要以上の急ブレーキ作動を抑制。
  • タイヤロックをさせない機構により、材料の押し出しなどの品質悪化を回避。

概要

  • 転圧時の作業性を阻害せず、舗装品質に影響を与えない、緊急ブレーキ装置を搭載した締固め機械。
  • 検知範囲は幅2.3m、長さ4m、高さ60cm以上。
  • 路床・路盤から表層までマルチに使用可能。
  • 特定特殊自動車排出ガス2014年基準適合で環境に配慮。
  • 超低騒音型に適合で環境に配慮。

施工場所

路床、路盤、アスファルト舗装の締固め全般。

ギャラリー