半たわみ性舗装ファインシール工法

“強度と柔軟性の両立する舗装技術” アスファルトの柔軟性とコンクリートの硬さを活かした工法により、たわみにも、摩耗にも強い路面を実現します。また、耐油性、耐熱性も優れており、交通量の多い道路などに適ています。顔料による着色も可能で、景観に合わせて色を選ぶことができます。

工法データ

用途

一般道路、 公園・広場、 商業施設、 歩道・遊歩道、 高速道路

特長

カラー、 耐流動

材料

アスファルト、 コンクリート

アドバンテージ

福田道路の強み

  • 明色効果があり、着色が容易。
  • 浸透用セメントミルクの品質が安定。
  • 舗装版としての耐久性が高い。
  • 比較的急勾配でも施工可能。
  • 浸透用セメントミルク施工後、カッター処理やブラスト処理で景観に優れた舗装の構築が可能。

工法としての強み

  • アスファルト舗装のたわみ性とコンクリート舗装の堅さを合わせ持った舗装。
  • わだちになりにくく、摩耗しにくい。
  • 車両の油漏れや熱に強い。
  • カラー化が容易。
  • 舗装が長持ちする。

概要

  • 空隙の大きいアスファルト舗装に、浸透用セメントミルクを充填。
  • 浸透用セメントミルクは、事前に混合された一元化材を使用するため安定した製造が可能。
  • アスファルト舗装のたわみ性とコンクリート舗装の剛性を合わせ持った、耐流動性、耐摩耗性に優れた舗装。
  • 表面にカッター処理やブラスト処理をすることで景観に優れた舗装にも適用。
  • 浸透用セメントミルクの種類により養生期間(3時間、1日、3日)が選択できる。
  • 顔料を添加することで各種、着色も可能。
  • 耐油性、耐熱性に優れている。

施工場所

重交通道路、交差点、バスレーン、景観に配慮した公園、駐車場、歩経路、パーキング、トンネル内

ギャラリー

写真:施工箇所写真:施工箇所(石畳風)