粘着シートによる凍結抑制舗装ファインシート工法

“貼るだけで簡単に凍結を抑制” ファインシートは、ゴムチップを含んだ柔らかいシート状の舗装材で、道路の凍結抑制のほか、すべり止めとして歩道や階段などにも使用出来ます。使用するゴムチップにより明色化が可能で、明色化により注意喚起の効果を得ることが可能です。

工法データ

技術情報

  • NETIS登録番号
    HR-140014-A
  • 実用新案
    第3198448号

用途

一般道路、 歩道・遊歩道

特長

カラー、 すべり抵抗、 凍結抑制、 短工期

材料

アスファルト

アドバンテージ

福田道路の強み

  • 既設舗装上に施工することができる。
  • 狭い道路や歩道、階段でも施工可能。
  • 12色のゴムチップを選択することで明色化が図れる。
  • 弾性がある。(GB係数、50%未満)
  • タイヤチェーンの打撃では削れにくい。(すり減り量1.3㎝2以下) 

工法としての強み

  • 貼るだけで簡単に凍結を抑制。
  • 注意を喚起する効果がある。
  • 大型機械を使用せず、小規模の施工でも凍結抑制効果がある。
  • 使用するゴムチップにより明色化が可能。
  • 既設舗装上に施工。

概要

  • ファインシート工法は、柔らかいシート状の弾性舗装材であるファインシートを既設舗装に貼り付け、ゴム層として再生ゴムチップを圧入させた凍結抑制舗装。
  • 交通荷重により路面の氷が剥がれやすくなり、冬季路面でのすべり抵抗が向上。
  • 使用するゴムチップにより明色化が可能で、注意を喚起する効果が得られる。
  • 大型の舗装機械は不要で既設舗装上に施工できる。
  • 歩道や階段など、局部的な小規模施工でも対応可能。

施工場所

急勾配の登坂車線、トンネルの出入口、カーブ手前、橋面舗装の凍結区間、坂道、日陰区間、階段のすべり止め

ギャラリー

写真写真