塗布型遮熱性舗装ファイントップクール

“ヒートアイランド対策に適した遮熱舗装” 赤外線を反射することによって舗装路面への熱吸収を防ぎ、夏場のヒートアイランドによる暑さを軽減します。遮熱塗料の着色も可能で、道路、路側帯、自転車道、遊歩道、駐車場、広場、プールサイドなどの景観に彩りを添ることもできます。

工法データ

用途

一般道路、 公園・広場、 商業施設、 歩道・遊歩道

特長

カラー、 温度抑制

材料

アスファルト、 樹脂

アドバンテージ

福田道路の強み

  • 即日復旧が可能。
  • 樹脂独特のにおいが発生しない。
  • 夏場の路面温度は、既設舗装と比較した場合、12~14℃低下。
  • ポーラスアスファルト舗装、透水性舗装、密粒度舗装上に塗布可能。
  • 高いすべり止め効果があり、下層との付着力に優れている。
  • 遮熱塗料により、表面が保護。

工法としての強み

  • 舗装体の耐久性の向上。
  • いろいろな色に着色可能。
  • 路面温度が上がりにくく、ヒートアイランド対策として活用。
  • 機能の多様化(透水性、騒音低減、温度抑制機能)
  • 容易な管理。

概要

  • ファイントップクールは、日射エネルギー量の半分を占める近赤外線を反射して舗装路面への熱吸収を防ぐ舗装。
  • アスファルト舗装表面に、赤外線を反射する遮熱塗料(アクリル樹脂/MMA樹脂/ポリウレア樹脂)を塗布することにより、舗装体の温度上昇を抑制。
  • 遮熱塗料を着色することで視認性や景観性が向上。・夏場の路面温度は、既設舗装と比較し12~14℃程度低下。
  • 遮熱塗料を塗布するアスファルト舗装面は、ポーラスアスファルト舗装や透水性舗装、密粒度舗装上などで可能。

施工場所

ヒートアイランドの都市部の道路、路側帯、自転車道、遊歩道、駐車場、広場、プールサイドなどの環境改善と景観向上。 建物の屋上、休憩場などの炎熱緩和。

ギャラリー

写真写真:サーモグラフィーによる温度比較図:遮熱性模式図