インターロッキングブロック舗装ILB舗装

“デザイン性に優れたブロック舗装” ブロックの形状や色調、敷設パターンの組み合わせにより様々なデザインが可能です。デザイン性と耐久性を兼ね備えた、歩道に最適な舗装方法です。

工法データ

用途

公園・広場、 商業施設、 歩道・遊歩道

特長

カラー、 透水性

材料

コンクリート

アドバンテージ

福田道路の強み

  • 透水性、保水性など環境に配慮した舗装も可能。
  • 色あせが少ない。
  • ブロックの形状や色調、敷設パターンの組み合わで様々なデザインが可能。
  • ブロックの再生利用も可能。
  • 歩行者に対し安全性、耐久性に優れる。

工法としての強み

  • すべりにくく、長持ち。
  • 施工後の養生が不要。
  • 色あせが少ない。
  • ブロックの形状や色調、敷設パターンの組み合わせにより様々なデザインが可能。
  • 透水性、保水性や緑化も可能。 
  • 使用したブロックの再利用可能。

概要

  • 特殊な形状に製造された舗装用コンクリートブロックを路盤もしくはアスファルト舗装上に敷設する舗装。
  • 車が走行する場所では、基面を舗装したのち厚さ8cm、歩道では路盤上に6cmのブロックを使用。 
  • ブロックの形、色調、敷設パターンの組み合わせで多様なカラーバリエーションが得られる舗装。  
  • 使用するブロックにより、透水性、保水性、緑化など環境に配慮した舗装も可能。
  • 現場養生が不要。

施工場所

歩道、広場、公園、遊歩道、神社仏閣の歩経路

ギャラリー

写真:ブロックパターン写真:施工箇所写真:施工箇所