マルチアスファルトペーバによる多機能舗装MAP工法

“機能性と経済性を兼ね備えた独自工法” MAP工法は、安全で快適な舗装の実現に向けて開発された、福田道路独自の舗装技術です。2種類のアスファルトを組み合わせることによって、排水機能、騒音低減機能、色彩機能などの機能性を高めるとともに、高いコストパフォーマンスや工事期間の短縮も実現しています。

工法データ

用途

一般道路、 高速道路

特長

低騒音、 排水性

材料

アスファルト

アドバンテージ

福田道路の強み

  • 1回の施工で2層同時施工が可能。
  • 高い平坦性と連続施工が可能。
  • 付加価値の高い舗装構築。
  • 施工コストの低減
  • 強化したいわだち部への耐流動対策。

工法としての強み

  • 2層構造の低騒音舗装にも対応。
  • アスファルト舗装の機能性向上。
  • 耐流動対策
  • 工事時間の短縮。
  • 施工コストの縮減に寄与。

概要

  • MAP工法は、安全で快適な舗装の実現に向けて開発された。
  • MAP工法は、マルチアスファルトペーパを使用して2種類の混合物を同時に敷均すデュアルアスファルトペーブメン工法と2種類のアスファルト混合物を帯状に敷均すマルチレーンペーブメント工法がある。
  • マルチアスファルトペーバは、大容量ホッパと長いレベリングアームにより連続した施工と高い平坦性を確保
  • 排水機能、騒音低減機能、色彩機能などの付加価値の高いアスファルト舗装を効果的に展開可能。
  • アスファルト舗装の工事時間の短縮、施工コストの縮減に寄与

施工場所

高速道路、一般道路での低騒音、コスト削減、工期短縮対策とカラー舗装

ギャラリー

写真:2層施工例写真:マップ機械写真