舗装損傷診断システムマルチファインアイ

“従来の目視点検に代用できる点検システム” マルチファインアイは、人工知能(AI)を使用することにより、舗装路面の画像から「ひび割れ」、「わだち掘れ」の損傷レベル区分を自動診断するシステムです。専用装置の必要がなく、解析時間が短縮されます。

工法データ

技術情報

  • 商標登録番号
    第6043187号「マルチファインアイ」

用途

一般道路

特長

短工期

材料

アスファルト

アドバンテージ

福田道路の強み

  • 人工知能(AI)でひび割れとわだち掘れを同時に判定。
  • 「閲覧アプリ」による視える化。
  • 熟練技術者の省力化と解析日数の削減。
  • 簡便な調査方法(市販されているカメラで動画を撮影)。
  • 劣化箇所のスクリーニングスが可能。
  • 特殊な資機材は不要。

工法としての強み

  • 人間による目視点検を人工知能(AI)で省力化・効率化。
  • 人工知能(AI)で損傷レベル(ひび割れ/わだち掘れ)を判定。
  • 市販のカメラの画像で解析。
  • 動画/地図/グラフによる視える化
  • 省力化/解析日数の削減

概要

  • マルチファインアイは、人工知能(AI)を使用することにより、舗装路面の画像から「ひび割れ」、「わだち掘れ」の損傷レベル区分を自動診断するシステムです。
  • 撮影された大量の画像を人工知能(AI)により診断することで省力化が図れます。
  • 専用装置の必要がなく、データ解析・処理の自動化で解析時間が短縮されます。
  • 判定結果のグラフ、地図、動画を連動し同一画面に表示可能。
  • 従来の目視点検に代用できる点検システムです。

施工場所

アスファルト舗装路面(車道/トンネル内を除く)、昼間測定、測定速度0~70Km/h

ギャラリー