表面被覆用ウッドチップ舗装OCシステム

“自然と調和するウッドチップ舗装” 現地由来の素材をリサイクルしたウッドチップが、弾力性のある快適な自然の中の散歩道を生み出します。ウッドチップは時間とともに分解・風化し、やがて自然に帰っていきます。環境にもやさしい、福田道路独自の舗装技術です。

工法データ

用途

公園・広場、 歩道・遊歩道

特長

衝撃吸収

材料

土・木

アドバンテージ

福田道路の強み

  • 現地発生材と植物性バインダーを使用したウッドチップ舗装。
  • 時間とともに分解・風化し、やがて自然に帰る。
  • 表面コーティングにより防草タイプと緑化タイプに選択できる。
  • 弾力性が得られる。
  • 廃棄処分していた木質系廃材を活用出来る。

工法としての強み

  • 自然に戻るウッドチップ舗装。
  • 現地発生材をリサイクル。
  • 水たまりが生じにくく、歩行しやすい。
  • 環境の負荷を低減。
  • 快適な弾力性が得られる。

概要

  • 専用のOCミキサーにより、現地発生材と植物性バインダーと硬化剤及び水を加えて撹拌、混合し締め固める
  • 使用用途により、表層コーティングを実施。
  • 優れた分解性能による生態系に優しい皮膜保護工法。
  • 接着剤として有機質系の植物性バインダーを使用。
  • 微生物の分解作用等の自然風化により、土に戻りやすい。

施工場所

公園、キャンプ場、遊歩道

ギャラリー

写真:施工直後写真:1年経過後写真