急速コンクリート版舗装高強度PRCプレキャスト版舗装

“急速施工で荷重に強いコンクリート舗装” 高強度のコンクリート板を敷設することにより、強度が高く荷重に耐えるコンクリート舗装を短い工期で実現します。空港、港湾等の重荷重用の舗装版のほか、道路用の舗装版も開発されており、軟弱な地盤の上にも敷設可能です。

工法データ

技術情報

  • NETIS登録番号
    CB-20006-V
  • 特許番号
    4010388号

用途

一般道路、 空港・湾岸、 高速道路

特長

剛性、 短工期、 耐摩耗、 耐流動

材料

コンクリート

アドバンテージ

福田道路の強み

  • 交通荷重が特に大きい場所や軟弱地盤も適用。
  • コンクリート版同士の接合部は、コッター式継手とホゾで強化。
  • 不同沈下対策としてリフトアップが可能。
  • 高強度コンクリート(60N/mm2)を使用。
  • 工期短縮やライフライクルコストの削減。

工法としての強み

  • 急速施工が可能で維持管理がしやすいコンクリート舗装版。
  • 空港、港湾等の重荷重用の舗装版や道路用の舗装版も開発。
  • コンクリート舗装版同士の継目は、継手などで強化。
  • 軟弱地盤上にも適用。

概要

  • 高強度PRC版は、高強度のコンクリート(60N/mm2)とラチストラス鉄筋を使用した高強度、高耐久性のプレキャスト版。
  • プレキャスト製品であり、現場での養生が不要。
  • コッター式継手とホゾにより、版同士の接合を強化。
  • 急速施工が可能で維持管理しやすいプレキャスト舗装版。
  • 工期短縮やライフサイクルコストの低減に貢献。
  • 道路用に改良された道路用PRC版も開発。

施工場所

空港舗装、港湾舗装、重交通路で頻繁に補修している箇所、急速施工が要求される道路交差点、トンネル内、アンダーパス、軟弱地盤

ギャラリー

写真写真写真写真:継手