ローラー転圧コンクリート舗装RCCP工法

“耐久性と短工期を両立させたコンクリート舗装” コンクリート舗装の耐久性の高さと、アスファルト舗装の施工速度の速さ、それぞれのメリットを活かした舗装技術です。明色化や着色も可能です。

工法データ

用途

一般道路、 空港・湾岸

特長

剛性、 短工期、 耐摩耗、 耐流動

材料

コンクリート

アドバンテージ

福田道路の強み

  • 施工速度が速く、養生時間が短いため、工期短縮が可能。
  • コンクリート舗装並の耐久性。
  • 明色化や着色が可能。

工法としての強み

  • コンクリート舗装並の耐久性。
  • コンクリート舗装よりも養生時間が短い。
  • アスファルト舗装と同様な施工体制。
  • 鉄網が要らない。
  • コンクリート舗装よりも施工速度が速い。

概要

  • 単位水量の少ない硬練りコンクリートを生コン工場で製造し、アスファルトフィニッシャで敷き均した後、マカダムローラとタイヤローラにより転圧して締固める。
  • コンクリート舗装版厚を選択することが可能で、コンクリート舗装に比べ施工速度が速く、早期の交通開放が可能。
  • 施工速度が速く、アスファルト舗装の機械を使って施工。
  • セメントの硬化と粗骨材のかみ合わせにより、強度の発現が早いため養生日数が短縮できる。
  • 鉄網は、使用しない。

施工場所

コンクリート舗装の補修、交差点のわだち掘れ対策、コンテナヤード、駐車場

ギャラリー

写真:施工状況写真:敷き均し、転圧