ゴム粒子入り凍結抑制舗装ルビット舗装

“凍結に強い雪国のための舗装技術” アスファルトにゴム粒子を混合することによって、通過する車両の重さで路面の氷が割れ、路面から氷を剝がします。使用しているゴム粒子は、廃タイヤを破砕したリサイクル品です。

工法データ

用途

一般道路、 高速道路

特長

すべり抵抗、 凍結抑制

材料

アスファルト

アドバンテージ

福田道路の強み

  • 使用するゴム粒子は、廃タイヤからのリサイクル品。
  • 凍結抑制効果の持続性がある。
  • 氷板がはがれやすい。
  • 塩化物系凍結抑制舗装よりも低温で凍結抑制効果がある。
  • 耐摩耗性に優れている。

工法としての強み

  • 通過する車両により路面の氷が割れる。 
  • ゴム粒子は、リサイクル品。
  • すべりにくく摩耗しにくい。
  • 効果が持続する。
  • チェーンによる摩耗が少ない。

概要

  • アスファルト混合物にゴム粒子を混合した舗装。
  • 舗装面に点在するゴム粒子により路面の氷板を破壊して凍結を抑制。
  • ゴム粒子は、廃タイヤを破砕したリサイクル品。
  • 舗装面のゴム粒子により氷板を破壊して路面の露出を促す。
  • 冬期の路面凍結を抑制し車両走行安全性に寄与。
  • 圧雪の除去も容易となるため、除雪作業の効率化や凍結防止剤の使用量低減も可能。

施工場所

積雪寒冷地の道路、除雪車が散布困難な箇所

ギャラリー

舗装面図:模式図(路面状況)図:模式図