薄層排水性舗装スーパースィンドレーン工法

“水捌けが良く経済的” シンプルな排水構造を持った工法で、水捌けが良く、コストパフォーマンスにも優れています。また、水はねも軽減されており、雨の多い地域に大変適しています。

工法データ

用途

一般道路、 高速道路

特長

すべり抵抗、 低騒音、 排水性

材料

アスファルト

アドバンテージ

福田道路の強み

  • 経済性に優れた舗装(ポーラスアスファルト舗装5cmに比べオーバーレイに要する費用は、約30%程度の低減)
  • 排水施設の軽減。
  • 廃タイヤを利用した当社独自のリサイクル品「FGパウダ」を添加。
  • 日本で初めて「薄層ポーラスアスファルト舗装」を施工。
  • 空隙率が高く、透水係数が大きいことから、空隙つまりが小さい。

工法としての強み

  • 舗装厚を5cmから2.5~3.0cmと薄くした薄層舗装。
  • 沿線環境の快適化と経済性を兼ね備えたポーラスアスファルト舗装。
  • 排水構造物の簡素化。
  • 道路騒音と水はねの低減。
  • 雨の日や夜間の視認性向上。

概要

  • 「FGパウダ」は、廃タイヤを利用したリサイクル品。
  • 「FGパウダ」は、ポリマー改質Hと一体となり、薄層舗装の耐久性を向上させると共に、下層との付着性を向上。
  • 高空隙化された、舗装厚2~3cmの薄層ポーラスアスファルト舗装。
  • 沿道環境の改善と雨天時の走行安全性を確保。
  • 薄層とすることからコスト低減が可能。
  • 道路条件によりポリマー改質アスファルトH型からストレートアスファルトまでをバインダとして使用。
  • 端部排水処理の簡素化が可能。

施工場所

高速道路から生活道路まで適用が可能。

ギャラリー

写真:写真:写真: