PROJECT 01 銀座ワンナイトリフレッシュ 「一夜にして生まれ変わった銀座中央通り」

プロジェクト概要

銀座ワンナイトリフレッシュ工事は、一般国道15号、銀座中央通り(銀座5丁目から8丁目まで405m)の既設車道舗装の切削から新しい舗装までを、わずか15時間で施工するという大変珍しい集中工事でした。従来であれば、この工事は週1回の分割工事で行うため工期が2カ月かかりますが、周辺の方々および利用者の皆さまへの配慮、また作業能率も考え、この工事をわずか1日で行うことになりました。交通量が少なくなる土曜日の21時以降に工事を開始し、この通りが歩行者天国となる日曜日の12時までに必ず終わらせるように計画され、工事は計画通りに無事終了しました。この区間の車道が舗装修繕されるのは27年ぶりのことでした。

工事概要

発注者 国土交通省関東地方整備局東京国道事務所
工事名 銀座(2)舗装修繕工事
路線名 一般国道15号(中央通り)
工事場所 東京都中央区銀座5丁目~港区新橋1丁目
主要工種 切削オーバレイ工(高粘度改質As) 厚さ10cm 面積5,800m2
車道打換工 厚さ40cm 面積490m2
遮熱材塗布工 樹脂系 面積6,290m2
施工者 福田道路株式会社 東京本店

施工方法

福田道路の人材と技術を結集した15時間 この工事は、作業の監督約10名、作業管理員40名、施工機械やダンプの運転手158名、誘導整理員144名の総勢約360名で行われました。 従来であれば2カ月にわたる分割工事となるところを、一夜で完成させようというのですから、成功のためには福田道路が持てる人材と技術の結集、そして綿密な計画が不可欠でした。まさに、福田道路の総力が結集した15時間でした。

当日の流れ

18:15~ 夕礼。点呼および作業内容の最終確認。
19:30~ 特殊工事車両の現場への移動。現場交通規制の準備。
21:00~ 交通規制の開始。
21:15~ 工事車両の現場到着。
21:30~ 路面切削機による切削作業の開始。
23:30~ ひび割れの補修。ディストリビュータによるアスファルト乳剤散布。
01:10~ アスファルトフィニッシャーによる基層アスファルト舗装作業。ローラによる転圧。
03:00~ 排水性舗装のためのナイロン製の導水パイプ敷設。
06:00~ 表層アスファルト舗装作業。ローラによる転圧。
08:00~ 区画線、速度規制表示、横断歩道などの設置。
11:30~ 路面周辺を掃除。交通規制解除。
12:00~ 銀座中央通り歩行者天国がスタート。
施工前の銀座5丁目
切削機による路面の取り壊し
基層アスファルトの施工
表層アスファルトの施工
表層アスファルトの転圧
区画線を引いて工事の完了

プロジェクトの意義

利用者の安全と喜びのために この工事を1日で終わらせたのは、銀座通りを利用する方のお時間を、道路工事によって奪いたくなかったからです。定期的な舗装修繕は安全のためにも不可欠ですが、皆さまに少しでも早く新しい道路を利用してもらいたいという想いから、福田道路ではより安全で効率的な工法や技術を日々研究しています。